上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 久々にスカパーでビデオクリップ番組をだらだらと視聴。
 で、堂本剛の『ORIGINAL COLOR』のクリップに平山あやが出ているのだった。なぜ平山? 恋人っぽい雰囲気を演出? 同年代だろうけど。『正直しんどい』にも出てたか。

 しかし、これはジャニーズファン(というか剛ファンでいいか)的にはどうなんだろ? 嫉妬しない? この曲はおそらくTBSドラマ『ホームドラマ』の主題歌なんだろうと思うけど(シングル『WAVER』に収録と判明)、平山はドラマには出てない。これがたとえば酒井若菜だったら、ドラマのプロモーションもかねてんのか、とファンも納得するかもしれない。うーん。
 事務所やレコード会社的にも冒険だったのではなかろうか? 妄想。

 ラストシーン付近では2人が背中合わせで座ってるのだけど、両者の手はつながれてるようで、よく見るとつながってなくて、かすかに小指だけが重なっている。まあ、微妙にいい雰囲気ってことか。

 平山。ホリプロでは一番かわいいと思う。藤本綾は論外。あたりまえ。平山改名の原因を作って、現在干され中(想像)。で、平山は剛にはもったいないという話。剛がもっとやせればもっと出来のいいクリップになったと思われる。結局そういうオチか。すみません。



WAVER (通常盤)
堂本剛

発売日 2004/06/09

売り上げランキング 357


Amazonで詳しく見る

スポンサーサイト
 HEY!HEY!HEY!で北海道限定商品として紹介されてたマルちゃんの「やきそば弁当」を近所のイトーヨーカドーで発見! スープ付き(当然粉末)ってことで、「バゴーン」方式と松っちゃんに言われてました。とりあえず、買って写真もとったのだけど、まだ食べないのでアップはあとで。食べるときに中身といっしょにパッケージを載せる予定。

 で、弁当ってのはスープが付いてるからってことらしい。HEY!によれば。不思議なネーミングだ。持ってきてたのはモーニングの藤本だったか。ヨーカドーには焼きうどん弁当っていうのもあったよ。
 パッケージには「おいしさを北海道の工場から!!」と書いてある。全国展開開始ってことでいいのかなあ。自分でとった写真はあとまわしにして、楽天からひっぱってきたやつをとりあえず貼っておく。パッケージはこの写真とちょっと違うんだよな。やっぱり全国展開用の新パッケージか。

やきそば弁当
 今日の『愛情イッポン!』情報。
 ザ・ワイドの芸能ニュースコーナーにて。昨日に引き続き谷亮子と松浦の2人が。受身なんかを教えてるシーンのあと、二人トーク。谷を見ての松浦の感想。
 「ほんとにちっちゃくてー。ミニモニ。にも入れるくらい」
 あえてコメントはなしにしておこう。

 で、その松浦は『伊東家の食卓』にも出演。さまざまなゲームにも参加。もう1組のゲストはアンタッチャブル。相変わらずおもしろいなあ。アンタッチャブルのピエール瀧に似たほう。今日も結婚式帰りのようなシャツとネクタイです。




YOUR SONG~青春宣誓~(初回生産限定盤)
松浦亜弥

発売日 $2004/07/14

売り上げランキング 212


Amazonで詳しく見る

 フジテレビがバックアップするそうで。『めざにゅー』でいってました。詳細は不明。
 まあ、金はあるところが出せばいいじゃん。でも『模倣犯』みたいにならないことを願う。宮部は『模倣犯』は気に食わなかったらしいが。あとでそういうのは反則だと思うよ。OKだすにはそれなりに責任持たなくちゃ。

 そんなこんなで、京極夏彦は自信ありげだけどどうなるかなあ。左下のリンクにある第1作『姑獲鳥(うぶめ)の夏』が映画化だそうですよ。ちょっとキャストは年齢は高めな感じだけど、角川とは無関係でやってそうなので、よしとしよう。すげー楽しみ。

 後藤の『R.P.G.』もけっこうよかったので、宮部ドラマ化はこっそり期待している。
 「何くってんだ。何ガムくってんだ。」
 「きのうのミノ」
 っていう。くだらねー。このつっこみはおかしいな。
 北京ゲンジよりも面白い。瞬発力の差? 時代感覚?
 とにかく、たけしの事務所にしてはおもしろい。北野オフィスのホープってことで。オーソドックスなとこもありつつ(「ガラガラガラー」とか)、でも間をはずすとこが新鮮。期待しておこう。
 日本テレビのドラマの宣伝か。夫婦円満の極意とかも教えてたよ。

TV大好きーっ

 と、スピードワゴンの「漫才大好きーっ!」ってのをパクって言ってみましたよ。
 で、そのスピードワゴン。日本テレビ『エンタの神様』では「あまーい」ってネタをやってるのかやらされてるのかですが、そのネタはダイノジの「モテるー」だと、TV Brosのおおひなたごうが指摘してましたよ。ダイノジのそのネタ知らないんですが、さもありなん。
 で、スピードワゴンといえば、1年ほどまえに、ロッキンオンジャパンの電気グルーブの連載で、「すぐにメモ帖出すからだめ」って指摘がありましたが、そのすぐ後に、メモ帳使わなくなってましたね。読んでるのかなあ。スピードワゴンの小沢はラバーソウル履いたりしてる(赤坂で本物見た)ので、ロックファンかもしれないという妄想を交え、メモ帳持たなくなったのを評価してみる。
 で、ダイノジもスカパーとかでロック関連の番組をやってるようで、そのつながりかもしれないが、ケツメイシのビデオクリップに出演。あいつら、「俺らっておもしろいだろ?」っていう感じがむかつく。「オンバト」にも出なくなったし。そんなにおもしろくないよ。
 今日見た先週の『うたばん』。今頃。
 フリップに書かれた「美人局アナ」を仲居くんが「つつもたせじゃないですよねえ」とつっこむ。けっこう漢字読めるんだね。って、こんなことだからか。
 ここ数年の仲居くんは「そのくだりいりませんから」とか「くだり」を連発する。微妙に使い方がおかしいときがあるのがご愛嬌。無理すんな。っていうか、「おれって『くだり』って言葉が使えるんだぜ、お前知ってるか?」みたいな意識がありそうに見えるんだが、他のあんまり一般的な言葉も同じような頻度で使ってかないと、けっきょく、「くだり」ばっかりかってことになるよ。っていうか、もうなってる。

 石橋は仲居にもっといろんな言葉を教えるように。また、変な使い方でわれわれ(っていうか俺)を笑わせてもらうことを願う。てきとー。
 花音(かおん)っていう役名で『アフリカのツメ』にでているな。加藤ローサ。で、マヨネーズ好きな人が出てるなかで、そのシュークリームを「これうまいじゃん」と素でいうローサ。まあ、台本なんだろうけど、うまそうだったよ。じゃあ、俺も試す。うそ。
 いま、見ましたよ。ちびっ子がどうとか松浦さんが言ってたけど。それは例のキッズは見当たらない気配。わからんけど。別の事務所の子供かあ。で、父親が中村雅俊だそうで。そういう時代か。中村雅俊って日本テレビでしか見ないなあ。違う?
 珍しく『二人ゴト』を見た。今週は藤本の模様。
 もし、藤本が男だったら、「よっちゃんさんを彼女にする」とか言ってる。だれだ? よっちゃんさん、って思ったら、ヨシコ(ヨスィコ?)のことだった。吉澤な。
 で、『サイボーグ柴田』復活って。『バレリーナ戦隊メロン』を出せよ。これはDVD化されてないので。一度見てみたい。
 えー、前の記事の続き。トラックバックが何かわからない人が多いようで。blogを進めた友達も日記ができるのはわかっててもトラックバックのことを知らないようなので、ちょっと書いてみる。

 簡単に言えば、トラックバックとは逆リンク。

 通常、Webでリンクといえば、自分がほかのサイト(なりページなり)へのリンクを自分のページに張る、という作業が必要なわけです。で、ほかの人のサイトに自分のページへのリンクを張ってもらうためには、リンクはってください、とかお願いすることになるわけです。しかし、トラックバックなら、勝手に他人のページに自分のページへのリンクを張ることができます。

 ほかのblogからの記事を参照して、さらに自分なりの考察を加えたい場合、単に相手へのリンクを張るだけでなく、相手のページにも自分のページへのリンクを加えることで、さらなる発展(というかつながり?)が生み出されるわけです。その記事に関連した他人のサイトへのリンクがそこにできるので、さらに話が発展していくかも、ってことです。

 トラックバックの方法はblogサービスによって違いますが、投稿時にトラックバックURLを入れるということでは共通してます。トラックバックURLは、参照元のページのURLではなく、その記事固有のページになります。ヤプログなら「この記事のURL」を押して表示される「この記事へのトラックバックURL」がそれ。それをコピー&ペーストします。

 トラックバックにもマナーがあり、単なるサイトの宣伝のような話はNG。元記事に関係ない話も当然NGです。そのへんはblogサービスが持っているFAQ、Q and Aなども参照してください。

 うわー。わかりにくーい。blogの記事を雑誌で書くなんてことはまだできないだろうなあ。という話をヤプログの更新履歴で「トラックバック??」とか書いているにトラックバックしてみます。これで多少はわかるかなあ。おせっかいしてみる。暇つぶしに。「内容がわからなーい」とかいう返事はこの記事のしたのコメントを押して適当に入力してみればわかりますよ。怒らないので、気楽にどうぞ。
 このblogサービス、アクセス解析が標準でついている。リンク元も参照できるのですが、前日のだけなのが残念。まあ、それでも、どんなとっから飛んできてるのかわかるとけっこうおもしろい。
 googleやYahoo!などの検索エンジンよりも、ヤプログ内検索のほうが多いようです。で、表題の話。検索ワードに「赤い衝撃」「管理人」を指定してここに来た人が2人ほど。「あの俳優は誰だっけ?」と思って来たのかなあ。まあ、それ以外にもYahoo!とかから『赤い衝撃』できている人がけっこういましたよ。百恵人気いまだ衰えずってとこか。
 あと、「トラックバック」で検索してここに来た人も。これもヤプログ内検索。blogの特徴であるトラックバック自体の機能がいまいちわからなくて調べているのだろうか?
 んでもって、「24tv」で検索してる人もいた。24時間テレビかなあ?
 ITmediaのサイトはよく見る。
 でも、タイトルはいただけないなあ、と思うのが多い。こことか。
 センスのいいタイトルを放棄してるんですか? じゃあ、やめろよ。『●●してみた』とか『●●をやって●●した』みたいなやつ。ばかな担当者が書くのは仕方ないとしても、上司はそれを許しますか? それが連作みたいな話にしたいらしいけど、見てるほうとしてはさむいことこのうえない。ばーかばーかばーか。と、同じような低レベルで反意を表明してみる。その文脈がおもしろいと思ってそうなのがむかつく。お前が思うほど、その原稿は面白くないよ。同人誌じゃねーんだからよ。

amazonで注文。

 珍しくamazonでCD、DVD、書籍をがんがん注文。合計24000円ですよ。
 あほですな。日曜日にドミニク見てから、また菊地熱が高まりましたよ。DCPRGの映像が入ったウランとか、いまだ地上波にはあんまり出てないメロン記念日『真夏の太陽』とか、いろいろ。で、1週間くらいかかるといわれておる。まあ、選択しだいなんですよね。売れてるやつだったら24時間らしいです。さて、いつ届くことやら。
 変えました。メインタイトル。何回目だ。トラックバックした先とかに長いタイトルは邪魔くさい感じだったの。前のタイトルは
『24tv / 24 hours tv watching people』
でした。その前は
『24hours TVウォッチング』
でした。そのタイトルでココログ関連nifty社長にトラックバックしてたんだからひどいですね。トラックバックしていただいたサイトにもこれで出てるんですから申し訳ないです。

で、これからは短くなって『24tv』です。これからもよろしくお願いします。

んでもって、ここ、amazonアソシエイトがやりにくいですね。記事内へのリンク仕方。普通にタグが出ればいいのに。
 ビッグコミックオリジナルで情報入手。同誌に掲載されてた漫画のドラマ化。NHKでやるそうな。主演は『ほんまもん』の池脇だな。リンク。
 前に民放で菅野がやってた気がする。確か。その漫画のドラマ化。池脇ならうまくやってくれるような気がする。なんつっても『ほんまもん』だからな。視聴率悪かったらしいけど、『ほんまもん』。
 内容としては消防署に勤めるだめな女性消防士。池脇そのまんまやん。原作ではもっとガッチリした人だけど、池脇なら。って、そんなに池脇がすきなのか、俺。『ジョゼ』も見てないくせに。
 池脇といえば、吉本所属のツインカムのでかいほう(コレクターズの加藤に似たやつ)とうわさになってたけど、それはさすがに終わったんだろうなあ。ツインカムも池脇も吉本所属。いろいろあるよなあ。ちなみにツインカムは『爆笑 ON AIRバトル』の決勝に出た後しばらくして解散しました。もったいない。
 で、ドラマは7月12日から5週連続20回の予定。23:00からな。金曜日には「今週の火消し屋小町」をやるんだろうな、当然のごとく。『ちょっと待って神様』は最終週だけ見てないな、俺。

家族がブログ

家族でブログをはじめたら
って、ことでおもしろくなりそうなblogをクリップ。

 一発目は長女のゆみさん。
 次女が長女のことを

『「ゆみさん」と呼ぶので、私も「りなさん」と呼ぶことにします。』

 ってところに不穏な空気を感じる。お母さんと弟が動物好きってのなんかいい感じ。
 ほんとにみんな更新してくれるのだろうか? 長女のゆみさんのがんばりしだいでしょうか? これからしばらくウォッチしていこうと思います。
 相手に知られないように(なんつって)、トラックバックしないでことのなりゆきを見守ることにしましょう。
 という質問がサンレコ編集部に届いてるそうだ。アルバム出したばかりの戸田誠司の話続きです。ここのラジオのvol62で聞けます。若い子はフェアチャイルドさえ知らないという話の流れですね。

 しかし、2chのサンレコのスレッド見ると「戸田おもしろくねー」「やめちまえ」という戸田誠司を当然知ってる年のいった人(少なくとも30代、俺も年いってるけど)と思われる人々の罵倒が目立ちます。まあ、そう言ってる人も気にしてるとみた。わからんけども。というわけで、先週銀座でアルバムを発見するも後回しにしてたら、買うのを忘れて帰ってきてしまうという失態をおかしました。しばらくは「戸田誠司アルバムを買うまで」という内容の日記になります。うそ。
 「世界の中心で愛を叫ぶ」&「深呼吸の必要」で注目の現役女子高生女優。っていいかたもどうかと思うな。
 で、今日、珍しく「Cut」なんぞを読んでたら映画「青い車」の記事が。よしもとよしとも(だっけ?)の漫画の映画化だそうで。漫画しらないからどうでもいいんだけど、出演者がすごい。
 麻生久美子と宮崎あおいが姉妹だってさ。こりゃ見るよなあ。普通。あと、ARATAか。ピンポンの。とりあえず、麻生久美子ファンにトラックバック!

 | ホーム |  前のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。