Impress Watch

ascii24
ITmedia
 つーか、オレも見たかったよ。カラリオの新製品発表会の話でした。PC関連メディアは呼ばなくてもいいぞ、そういうの。えー、一応いっとくとasciiがいちばん写真が多いよ。
 マシーンでは、モーニングがサコキャラ扱いっていう指摘があったんだけれども、松浦だけじゃもたなくなったっていうのがほんとのとこだろう。プラス、モーニングのパワーも落ちてるという。ああ。なんとも。ちなみにウチのプリンタはエプソン。3年前に買ったんだけど。
 来年1月の新ドラマ『優しい時間』(フジテレビ)で、嵐の二宮和也が寺尾聰(こっちが主役ね)の息子役だそうである。『北の国から』に通じる親子愛とかのドラマらしい。ソースはここ
寺尾の主役起用は、倉本氏の強い意向があったという。また息子の拓郎を演じる二宮は「演技力と、素朴でナイーブな雰囲気」(制作側)が買われた。
だそうだ。ほほう。っていうか、演技がうまいからってのは当然なのか。やっぱり。
 あと、和也はカズヤじゃなくってカズナリと読む。「よく間違われます」「言われてもめんどくさいんで訂正はしない」って徹子の部屋でいってたっけ。代表作は『青の炎』。でいいですか。個人的にはすげーよかったんだけど。この映画。『ハンドク』もよかったけどなあ。

青の炎 特別版

発売日 2003/09/26
売り上げランキング 4,339

Amazonで詳しく見る

 そろそろプリンタ商戦の始まり。エプソンは松浦。キヤノンはハセキョー。が今の布陣。
 でも、エプソンはモーニング娘。を担ぎ出すと思うな。せっかくだから。かなり安くなってるのでなかろうか、モーニング。美勇伝もくさってたしな。本体はまだしも。というわけで、キヤノンは長谷川京子でそのままがっつりと。
 わからんけども。希望を含めて適当に書いてみました。
 さて、どうなるかな? 松浦さんがんばってください。
 モーニングの矢口がTV番組を。タイトルは『やぐちひとり』。ダウンタウン松本の『一人ごっつ』みたいなもん(一人でなんかやる番組)かと思ったら、「ひとり」は「劇団ひとり」のことで、初の共演っつうことで。ソースはここ。ひとり、っていうか川島でかいな。思ったより。いや、矢口が小さすぎるのか。
 で、矢口関連では『いぬモニ。』なんてのも。弟分て。
 『世にも奇妙な物語』の話の続き。
 『ウルトラQ』のあれとは違ったよ。「ヒロシはもう死んだんだ」。これはリングだな。「あなたはもう死んだの!」ってやつ。 あと、『牡丹灯篭』も入ってるのか、これ。
 それよりも、蒼井優のやつですげー泣いた。『過去からの日記』。久々。主演は西島秀俊。メモ。オチの前に。オチではあれなんだけど。まあ、いいや。

 今日はその前に『ジョゼと虎と魚たち』のDVDを見たんだけど。池脇、渾身の演技ながら、泣かなかったのだよな、残念ながら。すげーうまいんだけど、池脇。妻夫木がまずい? わからんけど。なんか、池脇の関西弁とふてぶてしさに『顔』を思い出したりして。でも、いい映画はいい映画だと思った。日本映画っぽすぎるといわれるとそれまでだと思うが。

ジョゼと虎と魚たち 特別版 (初回限定生産2枚組)

発売日 2004/08/06
売り上げランキング 235

Amazonで詳しく見る

 池脇があんなんだったら、上野樹里もそんなんでいいのに、と思ったり。『スウィングガールズ』をこの映画のあとで見たら、なんか感じが違うかもー。というわけで、『スウィングガールズ』を見てないのに言ってみた。早く見たいなあ。上野。この人は関西出身?

 んで、『あけてくれ』。ひねったなあ。最後。ひねりすぎです。で、最後の優香の顔、ブサイクだったなあ。
 うそ。『世にも奇妙な物語』を見ての感想。まだ途中だけど。
 津川雅彦が出ているなあ。殺す役は『HR』の鰐淵さんだ。地獄が満員で悪人が死なないっていう話なんだけど。善人の象徴として出てるのが加恋だ。しかし、こいつが、悪いやつだっていうオチだと思う。今、泣いてるけど。さて。

 オチは天国が満員かよ。まあ、加恋が悪い人じゃまずいか。あはは。単純だけど、おもしろいな、あいかわらず。この番組についてどうこう難しくいうやつがばかだと思った。
 第一回は見逃したんだけれども、第2回はなんとか見ましたよ。

 で、今回の病人の役は奥貫薫だ。元、奥田薫。アミューズの番組で『Angels』とかいうグループにいて歌とか歌ってたりしたけど。『Angel's』かもしれんが。樋口沙絵子(ひぐちさえこ、通称、パコだったか)がいたところ。これも漢字があやしいが。

 で、その娘。奥貫の娘の役な。どっかで見たことあると思ったら、ドラマ『明日があるさ』で浜ちゃんの娘だった子だな。二人姉妹のお姉ちゃんだったほう。まだそんなに大きくなった印象がないな。

 ネスカフェのCMで原田知世と競演してる女の子はだいぶ大きくなってるのだが。昨年のドラマ『ウォーターボーイズ』の主役の妹役。『ちょっと待って神様』にも出てたか。っていうか、あのネスレCM何年やってるんだよ。

 で、『ちゅらさん3』の話。マリア(菅野)の書いた本のタイトルが『お風呂の真ん中で魔法をかける』っていうタイトル。ふざけすぎです。笑った。
2chの投稿であったやつ。
------
テレビのテロップが文字化けしてる時は佐々木が俺にいろいろ指令出してるだけなのであまり気にしないで下さい
------
意味なしメモでした。
 いきなりアップで何事かと思ったのだけど、DVDのCMだった。藤原達也と。
 で、この2人はこの作品に関係あんの?

 あと、『東京エイティーズ』のサイトだけど、まだ「ビッゴコミック」になってるな。みっともない。
 毎日のスーパー通いが日課。レジの人ほとんどの顔をこっちは覚えてて(とうぜん向こうはこっちを覚えてるわけがない)、最近、あの大きな男の子は元気がない、とか、今日のあの女の子はいつもより遅かった、とか思っているわけで。「お、新入り」とか。

 そのスーパーには「お客様の声」みたいな、客が書いて店が答える、っていうシステムがあって質問と回答が掲示されてて、店員名指しでほめてたりするんだけれども。「○○さんは所作がきれいでいつも気分がいい」とか「○○くんはいつも元気よく、気持ちがいい」なんてのが載ってる。基本的に店員については評判がいいようで。

 で、見たことない人がいると、胸に「研修中」のプレートがあったりして、「あー新人か」と思うんだけれども。最近、研修中のプレートがとれたかなり若い(っていうか子供みたいな)女の子がいて。作業がすげー遅かったんだけど、最近人並みに早くなってきた。対応。

 で、それから一カ月。これまでほぼすっぴんだったのが、今日見たらアイメークが。マスカラ追加で。かなり印象は変わるものだ。たとえていうなら、鈴木あみのデビュー前とその後、みたいな(デビュー前の写真ってのが、インターネットで出回ってて、整形か?とかいわれてたのを思い出した、って話。この写真の存在はたぶん有名)。
 まるでストーキングまがいの文章だな。まあ、そんなことはするわけがないのだが。
 『マンハッタン・ラブストーリー』の再放送。だいぶ佳境か。
 店長(松岡)が秩父に傷心の旅に出るんだけど。そこでエモやん(酒井若菜)に再開。で、彼女の飼い犬の名前が「カリート」。
 これは、「僕が地球を救う」(だっけ? ウッチャン主演ドラマ)のウッチャンの飼い犬と同じ名前。プロデューサーが同じだからな。と、本放送のときに思ったことをいまごろ書く。あいかわらずおもしろい。
 いま、スカパーでやってたよ。2話分。フジテレビもたいへんだな。

 で、それよりもほんとのサイドストーリー的な話。

 いや、いま思いつかないや。なんか書こうと思ったんだけれども。

 監督はジャズをやってる高校の話を『ウォーターボーイズ』作成当時に聞いて、今回のがあるらしい。スカパーで見た。この監督、だめなんだけど、できた作品はすげーじゃん。きっと。明日見る予定。
 石川梨花の新ユニットの話。歌もだめだし、クリップもだめだ。最悪。
 いま、スカパーで見たんだけども。録画もしてたし。違うのが目的だったんだけど。

 新メンバー二人の露出はフットサルで果たしたと事務所は思ってるかもしれないけど、それはそれはひどいもんだ。80年代のアイドル風なんだな、曲もルックスも。まずー。

 だれか、どうにかしてくれ。アレンジも最低だ! ベリーズを見習えと、ポップ中毒患者としては言いたい。ああ、死にたくなる。『後浦なつみ』のほうが100倍いいのは確定だ。これほどひどいプロダクションはないと思う。おめでとう、後浦なつみ。おまえらが紅白確定だ。しらんけど。
 ZAKZAKから。史上最低視聴率を記録したものの、最終回を目前に視聴率が上がってきているそうだ。演技に問題を抱えていたヒロイン、藤澤恵麻も実力をつけているとかなんとか。

 そうですか。それはよかった。たまにしか見てないけど、確かに厳しかったしなあ。まあ、ワキがびっくりするほど堅実だったってこともあるように思う。実力派ぞろいってやつで。というわけで、今後はビデオに録画してでも見てみることにしよう。
 イーバンクからお知らせがきてたので、見てみた。案内のページ。アンケートに答えたら、謝礼とかが払われるらしい。このサービス、いまんとこイーバンクとジャパンネットバンクの人のみだという。せっかくイーバンクの口座があるんだからと思って登録。いままで、Yahoo!オークション用の会費引き落としにしか使ってなかったので。

 普段ならこんな案内は無視するところだが、今日はせっぱつまった仕事をしていて、どうにか逃避したかったのであった。ああ。あほだなあ。

 で、無駄に自分の仕事とか年収とかをせっせと入力するわけですよ。個人情報の漏洩ですよ。自分で。まあ、この表現は正しくないわけだが。

 これで金が入ったらいいなあ。アフィリエイトなんてぜんぜん儲からないんだもの。
 ティセラからスーパーマイルドにステップアップってことでいいのか?
 CMはここで見られる。なんかマリア化が進行しているようだ。セリフなんかはもろああいう映像のノリだ。音楽はない模様。新曲の『渡良瀬橋』がCMソングになるのかと思っていたが。ちなみに森高千里のカバー。アップフロントとゼティマはリサイクルに必死だ。
 森高といえば、カネボウ「サラ」とかいうCMがあって、安倍もそのCMにソロ曲をバックに出演してたわけだが、松浦は資生堂。ティセラは中高生向けだったそうで、今回のは大人用。で、いいですか?

 で、松浦はバラード3曲連続なわけですが、どうも売れてる気配がない。今回はどうなのだろうか?

渡良瀬橋(初回)
松浦亜弥

発売日 2004/10/20
売り上げランキング 308

Amazonで詳しく見る

 今日から日本テレビで始まった韓国ドラマ。『レディ・ゴー』(朝の10:30から1時間)。主演はウォンビン、となっているようだけど、見たところユンソナが主演かと思われるほど、メインで出ている。しかし、メイクとかファッションが古いのだよなあ。いつのドラマなんだろう?
 ダウンジャケットとかダウンベストとか。

 いかにも『冬のソナタ』人気に便乗といった気配なんだけど、この『レディ・ゴー』は字幕なんである。家事をしながら見るにはちときついものがあるのではなかろうか。字幕なんで、TVの前でがっつり見なければ筋がわからない。むー。

 まあ、ユンソナの声を日本の声優があてるってのも違和感があるのかもしれないが。それこそ、ユンソナにやらせる、という手もあろうが、カタコトじゃなあ。そういう違和感が前にもあったなあ、と思ったら、ジャッキー・チェン主演の『シティ・ハンター』だった。あれに後藤久美子が出てるんだけど、セリフは英語だか中国語だったか。で、TVで見た日本語吹き替え版はぜんぜん違う声優だったわけで。すげー変だったなあ。確か。

 で、いま『レディ・ゴー』が終了。エンディングです。エンドロールもハングル語のままだ。日本版のスタッフは画面一枚分。おいおい、元のスタッフとかキャストも出してくれ。日本語で。
 えー、今調べたところ、映画『猟奇的な彼女』のチャ・テヒョンも出てるな。視聴率30パーセントを超えたとか。韓国では。さて、日本での人気は? ドラマ終了後にはDVDボックスのプレゼントもあり。気になる方はどうぞ。
レディ・ゴー ! DVD-BOX

 えー商品が変わっても、出演者は同じ、みさきゆう。
 「初めてのプレゼンです」っていうOLシチュエーション。

 でも、顔がだいぶ変わってるようにも見えるなあ。今回。
 しかし、下着姿になるとやっぱり以前と同じ顔なんである。

 前の泣きそうな顔がよかったのだけど、今回は「シャキッ」とした顔です。
 まだまだ顔がはっきりしないなあ。って、それは見る側の経験か。っていうか、慣れ。

 DVD1本、写真集1本を出している人で、女優活動も本格的に始めたようです。これからはドラマもがんがん増えるんだろうなあ。
BORDER

発売日 2004/01/20
売り上げランキング 3,400

Amazonで詳しく見る

 ちょっと前からタイトル周りに書いてあったのだけど、改めて本編で。

 氷点ジントニックってのはサントリーのカクテルバーのやつ。暴君ハバネロは辛いスナック菓子。ハバネロ食べながら、ジントニックを飲んだら、まさにタイカレーの味なんだ。

 プリンにしょうゆかけて、ウニの味、の一種か。

 夏休みの飲み会で友達にも試させたんだけど、ぜんぜん違うじゃねーか、といわれた。しかし、その後、やっぱりタイカレーだったよ、と報告あり。あの飲み会はさんざん飲んだあとだったので、味がわからなくなってたって話である。
【スナック菓子 まとめ買い】暴君ハバネロ 1ケース(10個入り)
マンハッタンラブストーリー DVD-BOX 関東のTBS深夜。昨日のキャッツアイが終わったと思ったら、マンハッタンでした。
 初めてだな、再放送。やってくれるなあ、TBS。

 で、エンディング、TOKIOの歌を出演者が歌っているフリが映されるのだけど、最終回だけちょっと違ったはず。モー子が。っていうか、個々のパートが長くなってたってことかな。確認してみよう。って、毎日3時まで起きてるつもりか?

 | ホーム |  前のページ»»