あたりまえ。

続きを読む »

Amazon.co.jp: DVD: タッキー&翼 「Hatachi」deデビュー Giants Hits Concert with all ジャ ニーズJr. 元旦からNHK「スタジオパーク」はやるそうで。ゲストが第一部が岡田准一、第二部が滝沢。いずれもドラマの主役である。タッキーは「義経」。岡田は「大化の改新」である。
 午前と午後で第一部、第二部って感じらしい。時間は各自。

 おー、古代ドラマシリーズは数年前のモックン(本木雅弘)の「聖徳太子」がおもしろかったので、今回のににも期待しよう。

 あと、「義経」のほうの第二部ではゲストで石原さとみ、も出るそうだ。
 すほうれいこ。どうしてんのかな? と思ってた。すげー好きだったので。
 で、テレビ朝日の年末特番。深夜枠だけど。『加藤家へいらっしゃい』とかいう番組に出るのだった。
 あー、すばらしい。演技もうまいのにな。なんとかしてください。

 で、地方番組をフィーチャーしたのは、『水曜どうでしょう』からかな。すほうれいこ、がんばれ。
 すげーいい感じだな。すほうれいこ。東京の事務所なんか気にするなよ。好きなことだけやってくれ。

続きを読む »

 おう! タイトル部分が変わりましたね。『平田裕香オンラインゲーム冒険記』。これもまたパワー大、な感じで。さらにクリスマスの画像もすばらしくかわいらしい。

 最近は、BloglinesというWebブラウザで見られるRSSリーダーでここをチェックしているのですが。ここを登録しているのが、なんと1人しかいないのです。「登録者1人」って出ます。ありゃー、こりゃまずいでしょ。登録者増やしましょう。というテスト。

 ってことで、トラックバック。『平田裕香オンラインゲーム冒険記』をチェックする人はBloglinesに登録してチェックしましょう。Bloglinesは海外のツールですが、日本語対応なので。
 えー、使い方がわからない方は、コメントで受け付けます。全部答えます。うそ。

 まずは、ここで登録などを。「ここのリンクをクリックしてください。Bloglinesです

 Bloglinesサイトのリンク先の左上のあたりでいろいろ調べてから、使ってください。

 Amazon.co.jp: 本: 平田裕香 2005年度 カレンダー あと、カレンダーも発売中。って、それはみんな知ってるか。
 『世界一受けたい授業』の番組宣伝用編集版であろう『冬季特別補習』という番組をやっている。ゲストにはYOUさんが出ているのだが。このパートの講師は言語学者の金田一秀穂。金田一京助の孫、金田一晴彦の息子である。

「突然姿を消すことをなんというか?」

 という問題で、YOUさんは
 「とんずら」
 と答えるのである。さすが、ゲーム『トンズラくん』のテーマソングを歌っていただけある。

Amazon.co.jp: 音楽: トンズラくん いや、このゲーム知らないんだけど。ゲームのサウンドトラックの見本版をもらって聞いてたので知ってるって話だ。
 プロデュースは戸田誠司。演奏のほとんどは東京スカパラダイスオーケストラである。で、テーマソングも演奏はスカパラでボーカルをYOUさんがつとめているということである。

 このゲーム、売れたのだろうか? ちなみにゲームも戸田誠司が大きくかかわっていたと記憶している。

 だれか詳しく知ってる方、ちょっと教えてください。

 で、上の質問の答えは「ドロン」でした。

 おっ、Amazonに画像があるじゃないか。商品は在庫切れだが。で、サントラは在庫切れだが、ゲームのほうはマーケットプレイス(中古)である模様。笑うな。
 いや、おもしろかったよ。
 心霊、妖怪、宇宙人とかいろいろ。これ、DVDも売れると思う。

Amazon.co.jp: 本: 怪奇大家族―清水崇presents いや、余計なお世話だが。

 「ガキの使いやあらへんで」のt.A.T.u.の腰フリおばちゃんじゃないほう、っていうか、松本にビンタするおばちゃんが出てたね。
 高橋一生、かっこいいよ。ほれたね。

 お笑いから俳優に転向して10年(?)。モロ師岡も本領発揮してたな。『め組の大吾』のかっこいい先輩よりも輝いてたね。

 
怪奇大家族 DVD-BOX
東宝
2005-03-25


by G-Tools


 っていうか、おれがこのDVD買っちゃいそうだよ。Amazonなら20%オフ。12,600円だし。発売は3月25日。うむ、それまでに予約するか?

  津田寛治(つだ・かんじ).、須賀貴匡(すが・たかまさ)もなかなかよかったね。

 で、来年からの新番組はスピリッツで連載やってる『GO GO HEAVEN』であるよ。加藤夏希に期待しよう。
 細野由華(ほそのゆか)。『王様のブランチ』レポーターでおなじみの「ゆかゆか」とかいわれてる人である。

 で、その細野が、毎年恒例の『明石屋サンタ』のアシスタント、っていうか商品紹介でサンタのコスプレで登場。あー、こんな仕事もしちゃうんですか。

 やけに楽しそうです。この人は人気があるんでしょうか?

Amazon.co.jp: DVD: 細野由華 in LOVE フォルティシモ IT関連の人にはITmediaの『赤坂タブレットPC編集記者』で有名か? しりませんが。

Amazon.co.jp: DVD: 細野由華 こんなのに出ると安い感じがしてしまうのだが。Amazonで検索すると、もっと安い感じなのだった。ありゃりゃ。
 あれ、こんなんなの? この人。
 人に歴史あり。ということで。

 八木さん、久しぶりに見ました。っていうか、最後まで見てられるほど暇ではないので、もう寝ます。
 今年いちばんおもしろかったドラマはこれ。まあ、去年から年またいでの放送だったが。

 で、総集編を今日やっている。それも先週の続き。TVドラマの総集編をこんな時間に、ってことなんだが、さすが、開局45周年番組である。

 唐沢くん(年上だけどなんとなくそう呼びたくなる)は、死にいたるわけだが、その表情がすごいのだ。今見ると死ぬだいぶ前から死相が漂っているようにも見える。すげー。

 あと、唐沢くん、シベリアンハスキーに似てるよね。

白い巨塔 DVD-BOX 第一部

唐沢寿明

ポニーキャニオン
2004-03-03
売り上げランキング 5,765

Amazonで詳しく見る
   by G-Tools

続きを読む »

 安倍なつみがいなくてもミュージックステーションで「恋愛戦隊シツレンジャー」は歌われるわけである。
 後藤真希&松浦亜弥の二人で。

Amazon.co.jp: DVD: シングルV 「恋愛戦隊シツレンジャー」 デカレンジャーとからませて。さすがテレビ朝日である。
 しかも寸劇(?)つきである。

 友達の息子はこれを喜んでいるんだろうか? いや、あいつんちでは見てないか?

 この寸劇、紅白歌合戦でもやればよかったのに(NHK紅白には民放のキャラクターもけっこう出ている。ハム太郎とかな。お祭りだからか)。デカレンジャーが出るなら紅白も子供が見たがるだろう。
 いや、「ドラえもん」見てるか。その時間。

 もしかして、安倍の辞退は紅白の子供客(ついでにその親)を逃す結果につながったのかもなあ(妄想)。

 あと、Wが始めて口パクじゃないのを見た気がする。
 「私の疑問はみんなのギモン」のコーナーに。
 上野樹里、貫地谷しほり(かんじや・しほり)、平岡裕太、あとドラムの子(名前わからん)。

 演奏するかと思いきや、上野が1フレーズ吹いて終わり。短すぎ。貫地谷にもやらせろ。
 また、例によって本仮屋ユイカ(もとかりや・ゆいか)はで邸内。NHKで忙しいんだろう。

Amazon.co.jp: DVD: スウィングガールズ プレミアム・エディション えー、DVDは来年3月発売。3種類出るそうですが、1万円近い一番高いやつを買います。たぶん。
 Amazonでは20%オフ。それで8232円。まあまあか。

Amazon.co.jp: DVD: スウィングガールズ スタンダード・エディション スタンダードエディションは3192円になる。うーん、写真だけならこっちのほうがいいな。見た目。まあ、本編ディスクはいっしょなんだろうけど。

 それぞれのディスク(3種類もあるのだ)の内容の違いはAV Watchに詳しい。最初からそのリンクさらせ、という話だが。

 その他の関連商品はこちら(新しくウィンドウ開く)。
 『徹子の部屋』に平野レミが出演。すげーしゃべるしゃべる。

 「マシューという人は、日本の藤井さんじゃないんですね」
 という徹子。ちゃんと設定をふまえたうえで説明。
 「日本の音楽家とイギリスの貴族の令嬢の息子というフレコミで」
 っていう説明もあり。

Amazon.co.jp: ホーム&キッチン: 平野レミの鍋 ドゥ!レミパン 蒸し台付き イエロー(オリジナルミトン付き) で、レミパンの話。
 なべのメーカーの人はずーずー弁で何を言ってるかわからないというレミ。
 売れてるかと思ったら
 「どんどん注文が減る」
 というんだそうで。しかし、よく聴くと
 「注文がへーる(入る)」
 だったという。

 はー、そんな聞き間違いですか。まあいいや。

 レミがしゃべりすぎ。いつものことだが。「○○はCMのあとで」と徹子が振るのだが、それでもレミはしゃべりすぎ。実際にCMに行くのは2分後である。

 ちなみに平野レミはシャンソン歌手であり、料理愛好家(研究家ではない)である。さらにいうならレミパンとはレミ考案の鍋である。上の写真。
 現在Amazonではホーム&キッチン商品が最大20%、ポイント還元だそうである。へー、こういうキャンペーンもあるんだね。

続きを読む »

 http://www.goodpic.com/のマイ・ショップの実験をするよ。


続きを読む »

 これすごいな。さすが、上戸。っていうかテレ朝。

上戸彩が次は鮎原こずえに…テレ朝で「アタックNO.1」
 名作バレーボール漫画「アタックNo.1」=写真下=が、初めて実写ドラマ化され、来年4月からテレビ朝日系で連続ドラマ(木曜後9・0)として放送されることになった。主演は同局系「エースをねらえ!」でテニス少女を熱演した女優の上戸彩(19)。アテネ五輪の女子バレーの活躍でバレーボールのブームが再燃する中、伝説の少女漫画の復活は話題を呼びそうだ。

Amazon.co.jp: DVD: マイリトルシェフ DVD-BOX 今度の衣装も期待していきたい。って人が多いんだろうな。
 『エースをねらえ』は一回も見たいことがないけど。主人公の妹役で出てた『マイリトルシェフ』はおもしろくて見てたんだけど。あっ、料理のドラマだからか。あのときはかわいかったな。確か。

 あと、上戸彩って松浦亜弥より1歳上なんだね。同い年かと思ってたよ。
Amazon.co.jp: 音楽: ヒゲの未亡人の休日 へー。「ヒゲの未亡人」みたいなもんか。ああ、舞台の役のうえでの話しか。

 へー。

 と勝手に思ってそのタイトルの記事を読むとぜんぜん違う話なのだった。

 スポニチから。

 そんなことよりもこっちか。一般的には。うそ。

Amazon.co.jp: DVD: プッチベスト 5 DVD
 境遇似てる!モー娘 楽天応援歌歌う

 あいかわらずなんでもあり、だな。つんく♂。

「モーニング娘。」が公式応援歌を歌うことになった大きな要因は、互いに優等生ではなく“落選組”中心で構成されたその成り立ちだ。

 はあ。そうですか。

 でも、モーニングの落選組は来年1月で最後の1人がいなくなるわけだが。
 稲田奈緒(いなだ・なお)。元『王様のブランチ』(TBS)レポーターである。
 おでんのCMは季節の風物詩である。うそ。てきとー。

Amazon.co.jp: 本: 王様のブランチ問い合わせランキングBOOK行列のできる食BEST50 (2004年上半期版) ブランチレポーターの話としては、「ブラン娘」(ぶらんこ)というのが後に結成されCDデビューすることになるのだが、稲田奈緒はその前に番組を卒業しているはずである。

 当時、番組では稲田は自身のビデオが発売されるという告知をさせてもらってたはずだが。そのビデオのジャケットには「あの『王様のブランチ』レポーターがここまで見せた!」とか扇情的なコピーがあったと記憶している。いや、違うかも。

Amazon.co.jp: 本: ほんまもん〈上〉 事務所はオスカーである。しばらく見なかったのだが、TVに復帰できてよかったなあ。とブランチファンは思うのであろう。あっ、地方では放送されてない地域のほうが多いのか。全国ネットではなかったな、ブランチ。
 いま、調べてみたところ、昼のTBSドラマ『ことぶきウォーズ』に出てたようです。なんだ、オレが見てなかっただけだな。たまたま。ご活躍のようで。さらにNHKの朝ドラ『ほんまもん』にも出演。あれ、こちらは全部見たはずなのだが。記憶にないな。

 そういえば、『デジタルビデオ』という雑誌でカメラのサンプル用モデルをやってたな。最近。秋前くらいの号だろうか?
 モデル事務所の人はTVドラマとかに出てたあとでも、けっこうしょぼい雑誌モデル仕事をしてるものである。

続きを読む »

 えー、昨日飲んだ友達がオレもー。というので、タイトル部分(一番上ね)のバックに絵を入れる方法を書くよ。

 ヤプログのデザインテンプレートで「HTML/CSS変更可能」って書かれてるのを選ぶのは当然。

 いつかは忘れたけどテンプレートのHTML、CSSの内容が変わってH1タグのバックグラウンドを指定するっつう方法だと、ブログ説明文があるところ(上だとピンクの横棒)との間がちょっと空いてしまうようになったので別の方法を試行錯誤。

 タイトルがあるところは、一番外枠のTABLEタグに文字としていれてある。さらなるTABLEで入れ子になってはいない。というのに気づくのに時間がかかりました。じゃあ、この一番外枠のBACKGROUNDを繰り返しなしで指定すればいいのだな、ということで。

 ここからはスタイルシート(CSS)とHTMLの両方をいじる話。

 まずはスタイルシート。
.titleback1{
background: url("http://yaplog.jp/24tv/img/数字/ファイル名.jpg") no-repeat;
}

 これを適当なところに足します。一番下がわかりやすくていいかも。パス指定、ファイル名は各自変えてください。画像ファイルのアップロードは記事の投稿時に指定するわけですが。そこでパスはわかるはず。下書きにしておけば記事は投稿されずとも画像はサーバーに残るので。それで。
 あと、画像のサイズは横が750。縦は好きにして、以下で調整。

 でもってH1の指定をしてるとこを探して

H1
{
padding-top: 100px;
margin: 0px 0px 0px 0px;
}


 に入れ替え。100pxってのがタイトルの上に空きを作るための指定。絵のサイズに合わせて調整する。
padding-bottom: 20px;とかって入れるとタイトルの下のスペースも空けられる。

 えーこれだけセとまだ半分。
 次はメインテンプレートをいじります。

ってのを探します。たぶん12行目。
これを

に書き換えます。

 これはblogのトップページの設定。アーカイブテンプレート、1記事テンプレート も同様に修正。
 これで終了です。どうですか? うまくいきましたか? カスタマイズ記事、めったに書かないのでわかりにくいかもー。
 コメントで質問などうけつけますよってに。

 上沼恵美子が出ている料理番組の話である。毎週1人のゲストを迎えて、毎日違う料理を作って食べるのである。

Amazon.co.jp: DVD: ババアゾーン(他) で、なぜか今週のゲストが津田寛治(つだ・かんじ)なのである。

 意外である。こんな仕事もするのだな。

 で、月曜日は日本酒が好きだという話で、火曜日はビールがすきという話。
 水曜日はワインが好き。

 というのである。酒はなんでもすきなのだな。上沼にもつっこまれていたよ。

Amazon.co.jp: DVD: 模倣犯 「食欲の秋はワインだ」なんてことも言ってるのですが、もう秋は終わってますよ。まあ、いつ収録したのかは不明ですが。

 『上沼恵美子のおしゃべりクッキング』。これが番組の正式タイトル。
 上沼は料理をまったくしないのである。番組内では。
 タイトルは「上沼恵美子のおしゃべり」+「クッキング」なのである。
 あっ、これTV Brosにあったネタだな。

 津田の映画では『模倣犯』しか見てないのだが。けっこうはまり役であった。ちょっとおかしい人の役。自意識ばかりが肥大している自信家なんだけど、っていう感じ。どんな感じだ。
ちょいとびっくり。

長澤まさみで「タッチ」映画化 世界の中心から南ちゃんが来た!
 2005年度の東宝配給作品のラインアップが13日発表され、人気野球コミック「タッチ」(原作・あだち充)が、女優・長澤まさみ(17)主演で映画化されることになった。同作はアニメで3作品が製作されているが、実写映画化は初めて。「ジョゼと虎と魚たち」などで知られる犬童一心監督がメガホンを執り、来秋公開予定だ。
 ソースはYahoo!ムービーから。
Amazon.co.jp: 本: me―長澤まさみ写真集 いうまでもなく長澤まさみは『世界の中心で、愛をさけぶ』で注目を集めたあの人だ。

 監督が監督なので、まあ、どうなるか不安だったりするのですが。
 まあ、素材がよければそれなりには作れる。のか? まあ、『ジョゼと虎と魚たち』みたいに脱がせたりはしないと思われ。原作はちょっと見せるシーンもあったと思われるが(記憶うすい。っていうかほとんど読んだことないや)。

 あと、重要な上杉兄弟のキャストが発表されてないわけですが。
 きっとこいつらだな。間違いないよ。

続きを読む »

 雨が降ったりやんだりしている状態ではなくて。
 知らなかった。

 次。
 話の「さわり」とは。
 話のはじめの部分ではなくて。
 「話の一番の聞かせどころ」のこと。

 これは知ってたな。
 人形浄瑠璃の義太夫からの言葉なんだそうで。

Amazon.co.jp: 本: クイック・ジャパン (Vol.55) 「ウンチクをたれる」は間違い
 正しくは「ウンチクを傾ける」
 だな。これも知ってた。

 などなど。『汐留スタイル』でやってましたよ。
 右の写真はあんまり関係ないですが。
 一応、毎週見てる、ふうな日テレのアニメ『ブラック・ジャック』。
Amazon.co.jp: 本: ブラック・ジャック (25) オープニングの曲がなぜかビジュアル系のバンドなのががっかりなのだが。

 つってもオープニングをはじめて見たのが、今日、だったのだが。

 で、オープニングの絵でびっくりしたのが。

 イルカが海を泳ぐ、という映像があるのだが。そのイルカは。
 『海のトリトン』のイル、カル、フィン、である。いや、あったと思う。

Amazon.co.jp: 本: 海のトリトン (1) あと、白いイルカもいたのだが。名前が思い出せない。あっ、ルカーだ。

 『手塚治虫全集DVD-ROM』も持っている俺なのに。まあ、アニメと原作は違うわけだけど。

 あと、このアニメ。蛇足が多すぎる。原作は余韻を残して終わり。というパターンが多いのだけど、なんか説明的に後日談みたいのを入れるんだよな。
 つっても、それ入れないと短編を30分に仕立てるにはもたない。ってことなのかもしれないが。
 まあ、原作にわりと忠実。絵もけっこうよくできてる。と思う。

 アニメはぜんぜん興味がないけど、手塚作品は話が別。なのだよな。

 | ホーム |  前のページ»»