上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ほんとにデビューするとは思ったなかったよ。

 ジャケットは木下がいちばんかわいいと思った。スザンヌはアイメイクが微妙。

恋のヘキサゴン(初回限定盤)(DVD付)

 残念ながらまだ歌を聴けてないし、見られてない。

 次のヘキサゴンスペシャルを見逃さないようにしよう。
 10月10日にある模様。まあそのなかで曲をやるかは不明ですが。
スポンサーサイト

相撲部屋

 相撲部屋での痛ましい事件。

 これではますます新弟子になろうという人が減るんだろうな。

 火葬を部屋側にまかせてほしいといったとかいう話は、どういうつもりだったんだろうか。
 和田アキ子の番組にて。森下千里が名古屋学について教える回だった。

 今回はそういうのの総集編。っていうか、最終回? しらんけど。

 それにしても、この番組。

 ホリプロにこだわらず、しょこたん を使ったりとか、いろいろがんばったな。

 アリキリのやつは余計だったと思うけど。

 それにしても、ものおじしない しょこたん。

 こういうのは最近のアイドルでは普通か。まあ、裏ではいろいろあったかもしれないけど。想像。
 いまごろ見つけたんですが、もう終わってました。

 とてもプライベートな感じをかもしだしてるんでした。

 iTunesで見つかるはずです。

 番組の更新は終了してますが、最後の数回がまだダウンロードできます。探してみてください。

 で、大学生なんですね。知りませんでした。

 あと、過去のアーカイブがココログでブログ化されてます。いや、この表現が正しいかどうかはわかりませんが、とりあえず、リンク。

 多部未華子の図書委員だより

 この鼻にかかった声がいいんだよなあ。

山田太郎ものがたり山田太郎ものがたり


続きを読む »

 昨年のスペシャルドラマで好評を博した『名探偵コナン』の実写版が、またも同じ小栗旬で制作されるそうだ。

小栗旬が24歳で高校生を“卒業”(日刊スポーツ)[Yahoo!]

小栗コナン再び!見納め!?25歳制服姿 [報知]

小栗旬が24歳で高校生を“卒業” [日刊スポーツ]

 楽しみ。で、制服姿は見納めにはならないと思うな。まだまだ似合うだろうから。
 みんないい人過ぎ。まあ、それがこのドラマの魅力だったんだろうけど。

 ベストアクトはやっぱり岩佐真悠子

 高飛車な態度がこんなに似合う若手女優はいないだろうなあ。とか。

 あと、主役級の小栗旬、生田斗真の演技もよかった。

 あと、第一回だけ出てて、どうなったの? と思った松田聖子も最終回で復活。まあ、どうでもいいか。

 紺野まひる と 上川隆也 もあいかわらずよかった。

 なんかなごんだな、このドラマ。

続きを読む »

 やっぱり部長と蛍がくっつくのかあ。

 という納得の結末。

 マコトくんはかませ犬。

 しかし、『プロポーズ大作戦』とはまったく逆の展開。

 どっちにしても、こういう役をやらせるとはまってしまうのが藤木直人。

 演技はうまくないと思ってたけど、はまるとすごくいいのな。ちょっと普通の人じゃない感じだけど、そこがいいんだろうな。なんか見直した。

 ところで、ドラマの後半は国仲涼子の出番がどんどん減っていったのはどういうわけなんだろうか。
 たいへんだなあ。江戸時代。江戸時代が平和なんて話はやっぱりもうちょい前の時代なんだなあ。幕末ってなんだかんだ物騒だ。

 それにしても、あいかわらず上戸彩のかわいさはガチだった。

 おそらく初の汚れ役だったろうけど、それをも、高貴さに昇華。

 あの童顔がすべてをうまくいかせているのだと思った。

 見た目の成長なんていらないんだよな。
 新撰組の活躍を女性の目から見た浅田次郎原作作品のドラマ化。

 NHK大河ドラマ『新撰組!』に出てた山本太郎とか中村獅童とか浅田美代子なんかが出てるところも違う楽しみ方ができておもしろい。

 芹沢鴨が中村獅童って。

 で、上戸彩。かわいそすぎる。

 で、こういう役がぴったりくるのも上戸彩のすばらしさ。演技がすんげーうまいわけでもないんだけど、それなりにこなす。そしてかわいすぎる。

 京言葉にちょっと違和感があるけれども、まあ、そのへんはどうでもいいか。

 京言葉が抜群にうまい(っていうか京出身の)安田美沙子だったら、そうやっただろう。とか無駄な想像もしてみたり。

 エンディングが平原綾香。ぐっときた。

今週の嵐

 昨日は『魁!音楽番付Vegas』に出演。でもって、今日は『うたばん』に出演。

 『魁!音楽番付Vegas』ではこれまでのシングルを振り返ったり。もうデビューから8年ですよ。シングルも20枚ですよ。

 で、デビュー曲の『A・RA・SHI』のジャケット(縦長のジャケットだった)に書かれている毛筆の「嵐」っていう字はジャニーさんが書いたって話とか。

 ニノが「もっと有名な人に頼めばよかったのに」とか。

 あと、大野くんがもう28歳、という話。「昔より若くなったよ」って行ってたのは櫻井だったか。

 で、「同い年の有名人は?」と振られて応える大野くん。
 「ロナウジーニョ」

 やっぱりおもしろいなあ。嵐。

 一方、『うたばん』は見逃した。予約するの忘れてた。後半のみ。

 値段当てるゲームで負けて罰ゲーム。
 『Love so sweet』を振りつきで歌う。なぜこれが罰ゲームになるのかわからないが。

 「もっとちゃんと歌えよ。ほんとは『ずっとずっと』だろ」と仲居くん。「ずっとずっと」の部分はがなってる。

 前半はまた例の大野くんが仲居よばわりとかいうおもしろシーンがあったんだろうなあ。と思うとすげー残念。
 貫地谷しほりの主演ドラマがまもなく始まる。
 でもって、先行してこういうニュースが出てくるわけだ。

 貫地谷しほりが三枝の前で小噺披露

 楽しみだ。

 そういえば、先週までは2週連続で『スシ王子』にヒロインとして出演。
 あれって、毎度行く先々でヒロインが出てくるわけで、まさに平成版『寅さん』みたいな感じなんだけど、そのへんはねらってないですかね?
 つっても、そんなに回数やらないっぽいし、次回は1、2話の加藤夏希だったりするので、まったくそういうもくろみが外れてる感じですが。

 『スシ王子』の貫地谷しほりはなぜかB21スペシャルのミスターちん に惚れちゃう役だった。

 まあ、コメディエンヌっぷりは上野樹里に負けない感じだったので、安心した。あいかわらずやってくれるなあ、という印象。

 ボーダフォンのCM出てたときはこんなにすごい子になるとはおもわなかったけども。

続きを読む »

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。