上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 『矢口ひとり』のゲストに高橋真唯。

テレ朝エンジェルアイ2004 Vol.2 高橋真唯 映画『クワイエットルームへようこそ』のプロモーションだったようだ。最初から見てないからちょっとわからない。

 さまざまなゲームに挑戦。

 それを見て最後に矢口が言う。

 「何やってもかわいい」

 矢口は女性アイドルを見る目がやさしいのがいい。自分が女性アイドルだったことは関係なく、ってところがすばらしい。

 その一方で、「春樹さん」こと劇団ひとりには厳しい。
 愛すべきキャラクターとはこのことだ。なんのこっちゃい。

続きを読む »

スポンサーサイト
 最近、ちょっとCMづいている麻生久美子。

 『時効警察』以降、コミカルなのもできる、ってことが広まった結果だろうか。

カンゾー先生 ヤマサの昆布つゆのCMでもかわいらしくもコミカルな演技を見せる。

 意外と家庭的なのもOKじゃないか、っていうことだろうか。

 うまい人はなんでもできる、って感じ。個人的な感想としては。

 いままでは、あまりにも清楚な美人、っていうイメージばかりが先行してた気もするんだけど。

 まあ、小さいころはザリガニ食べてた千葉の子供だからな。

続きを読む »

 ビートもダンスもぜんぜん昔と違うじゃん。

 ちょっと感動した。

 それを見てる『月光音楽団』のメンバーはぜんぜんだめ。
 この曲で手拍子ってなんだよ。

 とか、思いましたよ。

続きを読む »

 『HEY!HEY!HEY』のSUISENアーティストコーナー。加賀美セイラがゲスト。

カレイドスコープ/孤独のヒカリ(DVD付) 中二でゼクシイのCMに出てたそうだ。すんげー覚えている。

 雨宮朋子に似ているなあ、と思ってたんだけど、今もやっぱり似ている。それがアーティストデビュー。めでたいな。

 マリエと違って控えめでかわいかったな。

 でもって、マリエの本名は玉木マリエだそうだ。

 歌はちょっとしかかからない。けっこううまい。ちょっと低めのいい声だ。注目していきたい。

 曲は
 カレイドスコープ/孤独のヒカリ(DVD付)
 だ。

続きを読む »

 その化石を発見したのは、B子だったんだけどなあ。

 それでも、大阪でライターのアシスタントをするB子をすごいと思っているA子。

 それがB子にとってどんなに残酷な告白かがわかっていない。そこがA子のすがすがしさ。B子にしてみたら、どうかと思うが。

 清八とキーコ。これがまたA子とB子。

 ライバル登場か、っていう師匠。今週も月曜日からおもしろいな。

 という今日の「ちりとてちん」でした。


ちりとてちん 完全版 DVD-BOX 1 「苦あれば落語あり」
posted with look!!
 ようやく、落語をやるようになった。今週のテーマは『辻占茶屋(つじうらぢゃや)』。

 落語の内容をドラマで再現するのは前にもあったか。和久井映見がまたも美人役。それに懸想するのが京本政樹。義理の姉に、っていうのはどうでもいいか。

 徒然亭草々(つれづれてい・そうそう) が久々に落語をやるので、それに合わせて三味線を弾くことになるB子。

 本番で頭が真っ白になり、五木ひろしの『ふるさと』を弾いてしまう。もちろん歌いながらだ。

 半年前にできなかった曲をやって感動。しないのがB子。
 終わってしまっても、自分のやってしまったことがショックで、それもわからないし、落語がうまくいったことも気づかない。

 なんかいい感じだったなあ。

 でもって最後に草々とA子があってしまう。

 辻占は無常だ。

エスパー後藤

 本日の『ちりとてちん』。

 高座のスケジュール表が映し出される。こんな感じ。


 出演者に笑った。細かいな。

 エスパー後藤
 桜山たっくん
 サンディ高野
 ビーフコロッケ
 マイドオーキニ
 アスパラガス
 時々ここから
 ケン&キック
 マジックJr.

 まあ、そんな感じ。
 『とんねるずのみなさんのおかげでした』の人気コーナー(っていうか、メインコーナーか、今となっては)。

 ゲストは大泉洋と上戸彩。

 で、いつもどおり、石橋が大泉をいたぶる。

 石橋「預金通帳を眺めるのが楽しみなんですから」

 大泉「細々となら一生食っていける」

 もうかってるんだなあ。やっぱり。

 あと。

 上戸彩も応戦。「『お前としゃべってると疲れる』って言うんですよ」。

 あと、「おもしろいんですよ、意外と」っていう発言もあった。

続きを読む »

 あいたたた。

 自分が背わたをとったエビをA子に炒められて、A子にくってかかるB子。

 これじゃイタイ子だ。

 昔からA子にフォローされてきたのが、そんなにつらかったのだろうか。

 たいへんだ。

今日のA子

 大阪に出て来たものの、だめだめなB子。

 でもって、A子に連絡をとる。A子に頼るB子。

 B子の実家に電話するA子。

 おもしろかった。

 かわいいなあ。A子こと佐藤めぐみ。

続きを読む »

 『月光音楽団』に久々に熊田曜子。

 またもブラについて講義。

 ランジェリーのオーソリティという位置づけ。

 前回もそうだったけど、今回もあっけらかんとブラについて、いろいろネタを披露。

 こういうところが姉御肌。あねごはだ。年上の夏川純なんてどうでもいいんだな。

 かっこいいよ、熊田。

続きを読む »

 『ちりとてちん』ではA子を演じる佐藤めぐみ。金曜日からの新ドラマ『歌姫』第1話にも出演。



 開始早々、六本木ヒルズのレストランで男性と食事。そこへ主人公の長瀬智也が入ってくる。あれ? これって昭和30年代の話じゃないの? っていう意外な展開。

 佐藤めぐみは長瀬のフィアンセである。佐藤めぐみは浮気相手と食事中。そこに長瀬が来て怒りまくり。男性の名を聞かれ応えるは「もりりん」と佐藤めぐみ。おもわず、その男を「もりりん」と呼んでしまう長瀬。このへん笑った。

 でもって、シーンは変わり。長瀬は結局婚約は解消したんだという。

 まあ、そんなこんなで、昭和30年代に場面は移るのである。

 佐藤めぐみは本編には出てこない模様。スタッフロールでは「友情出演」とあった。どういうつながりで友情出演かは不明。
 女子高生を演じてる『ちりとてちん』とは違った、そして大竹しのぶ との共演CMとも違った佐藤めぐみが見られてラッキーだった。化粧が濃くてもかわいいのな。

 それにしてもヒロインの相武紗季 。
 

続きを読む »

 本日開始の『ハタチの恋人』の番宣とはいえ、こんなのにも出るんだね。

 最近話題の郊外の飲食店の話になり。

 長澤まさみは静岡県の話を始める。

 「素敵ハウスの『さわやか』というのがあって」

 「素敵ハウス」?

 どうやら話を聞いてると、素敵ハウスじゃなくてステーキハウスだった模様。

 「さわやか」というステーキハウス(字幕では炭火焼とか出てた)の「げんこつハンバーグ」がとても好きだそうだ。これ、なんかでもやってた気がする。「メントレ」?

 番組の最後で、ドラマの宣伝。しっかりとした口調。
 それを見て、司会の加藤が。

 「前回来たときとは大違い。ちゃんとしゃべれるようになった。共演のさんまのせいか」といったようなことを。

 そうか。2回目の出演か。前回はなんの番宣だったんだろう? あなどれないな。『がっちりマンデー』

 ドラマとは違い、髪をアップにし、かなり短めのショートパンツにひざまでの黒いストッキング。足の長さが強調されたスタイル。かなりのサービスぶりだったか。

 『ハタチの恋人』は家族で見られるドラマ。

 なんてことも長澤まさみ がいう。こういうファッションもおっさん視聴者獲得のためと見た。

 髪型はドラマより、今回のほうが格段にかわいいな。

続きを読む »

 PVTVっていうテレビ東京の番組。KICK THE CAN CREWのLITTLEの新曲PV。

夢のせい 映像はほとんど、北乃きい。

 北乃きいのイメージビデオって言ってもいいくらい。すごいいい出来。

 これ、CDのおまけDVDとかで手に入らないですかね。

 ちなみに。

 「夢のせい」っていう曲です。

続きを読む »

 あいかわらず困った顔が似合う「天花」こと藤澤恵麻。

奇談 プレミアム・エディション 登場シーンから困ってるもんな。

 新任教師かあ。初々しさってことでのキャスティングなら成功だろう。

 しかし、でかいな。顔小さいけど。

 そして細い。

 オープニング曲で流れるキャスト/スタッフロールでは、金八、娘(星野真里)に続いて、3人目。これは伝統の(?)ヒロイン役ってことなのか。出世したな。
 江波杏子かっこいいなあ。

Gメン′75 シングルコレクション B子の三味線が破けてしまったのに対してこういう。

 B子の覚悟を試すような感じで。

 江波杏子と和久井映見の演技だけで、ご飯が2杯は食べられる。

続きを読む »

 そんなわけで、2週目火曜日。

 A個こと、佐藤めぐみ が結局三味線がうまいっていうことになっていく。

 めげるB子。

 佐藤めぐみ 演じるA子の兄が大きくなって再登場。

 あいかわらずB子にご執心。それをなぐるB子。このシーン、おもしろかった。

 こいつがキーマンになるのか? ならねーか。

続きを読む »

 「ディスプレイ」を「ボブスレー」という母親。すばらしい。

 で、今週から主人公が貫地谷 しほり。B子である。三味線をやってるんだな。おばあちゃんから習って。

 その一方で。

 A子は佐藤めぐみ だ!

 貫地谷しほり 、 佐藤めぐみ。

 この二人は、ドラマ『H2』でも共演している。

 女子高生をやるには、どっちも20歳を過ぎてるのであれかと思ったのだけど、ぜんぜんいけるね。

 それにしても、あいかわらず佐藤めぐみ はきれいだな。っていうか、かわいすぎる。性格もいい感じで。

 学園祭で三味線を演奏するのを誘いにくる顔がすばらしくかわいかった。関西弁も上品でナイス。対する貫地谷のぶっきらぼうな感じもまたよかった。対照的な関西弁。いや、しらんけど。

 まあ、うまいのは貫地谷だけど。

 で、このB子の親友、だれ?

続きを読む »

 いよいよ。

ガンジス河でバタフライ (幻冬舎文庫) Yahoo!に特集ページがあった。

 http://tv.yahoo.co.jp/tv_show/nbn/ganges/

 10月5日、6日の2日連続。

 そういえば、先週の日曜日に原作者(たかのてるこ)と脚本家(宮藤官九郎)によるインドの旅番組(メインはシナリオハントなんだろうけど)があったね。あれを見る限り、かなり楽しそうなドラマである。

 制作局であるメーテレのサイトには、より詳しいドラマ紹介ページがある。

 http://www.nagoyatv.com/ganges/

 塚本高史と中谷美紀が出るってのも期待。あと、クドカン脚本ドラマなんで大人計画からももちろん出演。

続きを読む »

 キャラクター的にはいつもどおり。まあ、いつもほどドジではないけど。

 オチは予想どおり。

 それでもとてもよかった。

 石原さとみ を見てるとなごむ。

 | ホーム |  前のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。