上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ハチ(火野正平 に似た若手俳優)はどんなドラマでも同じ役だなあ。アカリを助けに行く。

 裏切られても
 裏切られても
 裏切られても

 まるで、スカンチの曲だ。

 それにしても吉高由里子は薄い顔だ。それでも、とっても魅力的だ。

 吉高由里子をいたぶろうとしているのは、要閏だ。

 織田裕二は今回もかっこいい。

 そして。
 友情っていいなあ、っていうドラマのセオリーはくずさない。いくら単純だとしてもだ。

 夏のドラマはこんくらいでいい。

 織田裕二が講釈をたれてる間、谷村美月が両手を手前においてる感じがよかった。それだけで表情を出せるんだなあ。

 夏オリエンテッドなドラマ。

 フジテレビらしいなあ。

 で、吉高由里子が閉じ込められたホテルには、谷村美月は向かってないのな。
 そのころ、谷村美月は模試の最中。それでも、吉高の動向が気になってしょうがない。っていう感じの描写がこっそり入る。ちょっとしたことだけど、それもいい。

 で、アカリはヒロキが好きな模様。

 それを涙しながら、笑いながら告白。
 いい演技するなあ。吉高由里子。あいかわらずうまい。

続きを読む »

スポンサーサイト
 藤川が主役。藤川だけ役名で書く。名前知らないから。

 母親にうそつくパターン。自分は認められてる、とか。久々。『下北サンデーズ』以来。で、母親にはすべてばれちゃう。

 一方、戸田恵梨香は告知のタイミングがはかれず悩む。いいシーンだった。

 結局、山下智久は藤川に助け舟を出す。その理由も「お前ができないといつまでも俺がやらされる」とかいう。藤川の母親に会っていろいろ変わる山下智久。とてもいいシーンだ。

 いい役者になったなあ。藤川。最後に泣くシーンもうまかった。

 比嘉愛未がだんだんいい人に見えてくるのもいい。あんなに勝気だったのに。

 とかいう感じで、フライトシーンが3、4話となくなってるけど、ぜんぜん問題ない。まあ、コストとかもあるだろうし、いろんな制限とかもあるだろうから、とかいう邪推はもうどうでもいい。

 いいドラマが描けている。やっぱり、今期最高、ってのは変わらない。

 こうなってくると、主役陣では、ガッキーの見せ場が少ないのがあれだな。演技力の差がこうした演出に出てる、とかいうとめんどくさいか。キャラクターの差、てことで納得できる範囲か。

 ところで、りょう の過去は今後ちゃんと描かれるんだろうなあ。患者を死なせちゃった過去、っていう雰囲気なんだが。

 あと、今週は遊井亮子の出演シーンは前回より長かった。あいかわらずかっこいい。

 ところで、山下智久は両親ともいないんだね。藤川の母親との会話で判明。こういうバックボーンを小出しに、それも効果的に出してくところもうまいね。
 フェロー+看護士(比嘉愛未)+医師たちの信頼感が高まっていく感じ。

 とくに比嘉のフェローを見る目が変わっていくところがいい。

 患者を名前で呼んでいくところ(最初は病状とかで呼んでた)と、その流れで、わがままな患者に山下智久の名前を呼ばせようというところとか。

 患者との信頼関係が築かれていくところも、丁寧に描写。

 戸田恵理香と鳥居かほり の会話とかもすごくよかった。弁護士と医者は似ている。「成功して当たり前、失敗したら、一生言われる」みたいな感じ。

 とにかく、ほんとよく練られた脚本。

 山下智久と柳葉敏郎の丁々発止の会話も今後の緊張感を感じさせてGood。

 一瞬しか出なかった遊井亮子もよかった。こんだけでもいい演技するんだよなあ。

 金田美香を10秒くらいか。
 だめだ。

MYUSIC(初回限定盤)(DVD付) だんだん、山田優が好きになってきた。

 長州小力が好きってなんだよ。

 しまいには、滝沢沙織も助けちゃうし。

 ここまで来ると笑うしかない。

 滝沢沙織のいじわるっぷりも板についてるし。このドラマ。期待してなかったけど、なんか楽しみになってきた。

 あと、主役の志田未来のだめな子ぶりもおもしろい。なんかなごむわー。

続きを読む »

 しかし、みんなうまいな。若手俳優、Good Job。

 で、真犯人は意外なとこだろうな。

 たぶん、あの女子高生。

続きを読む »

 ここまでくると言葉がないね。かっこいい。

BOMB (ボム) 2008年 08月号 [雑誌]

続きを読む »

 これ、なんて『GTO』?

 一方で、へんに生徒におもねっちゃうところが現代か。情けないぜ、織田裕二。

 とりあえず、吉高由里子、谷村美月、北乃きい、の3人を堪能。

 北川景子は微妙な立ち居地だ。好調の娘。

 来週の主役は吉高由里子。これからだな。
 がーん。

 まあ、いいとして。ここで、ジャニーズはスターだからストライク出す、っていう中居くんのフリで山Pこと山下智久の出番。

 しかし、山Pもガーター。

 がーーん。ありえない。

 山Pとガッキーは『ドラゴン桜』つながり。戸田恵梨香とガッキーは『ギャルサー』つながり。

 そうした二人にささげるガッキーの視線の無感動さ。いや、それなりに反応してるんだけども。

 ガッキーのナチュラルさは感動すら覚える。

 で、山Pがガーター出したときに、カメラが『プロポーズ大作戦』で共演した平岡祐太に行ったところもフジテレビっぽくて感動。心配してる感じが、平岡祐太の人のよさが出てた。

 こういうところが、この番組のおもしろさだなあ。
 若手芸人が多数登場。

 いろんな人にはうけるが、ジョイマンにはどん引きの戸田恵梨香。いろいろあるよね。

 水川あさみは、ほぼみんなに受けてる。ザブングルはお気に召さなかった模様。
 『スーパードラマフェスティバル2008』に『太陽と海の教室』のメンバーが出演。

 注目は北川景子。

 主演の織田裕二に立ち位置を教える北川景子。ちゃんとしてるなあ。

 っていうか、織田さんの扱いがやっぱりお年寄りっぽい。

 若手がメインっぽいからなあ。北乃きい、谷村美月、吉高由里子が出演だからなあ。大人チームは影が薄いかもしれない。

 今日も一日中番宣だったし。

 まあ、一番注目は吉高由里子なのは当然だ。

 そういえば、このドラマには、小日向さんも出演してるからなあ。小日向さんと吉高由里子のからみに期待。っていうか、そんなシーンはぜんぜんなさそうだ。

 昼の番宣番組で、はじけつつも、はしゃぎすぎをみずから反省して、コメント取り直した吉高由里子に感動。

 つっても、吉高由里子は今回の『スーパードラマフェスティバル2008』には出てないんだよなあ。残念。っていうか、このスペシャル番組宣伝。人数少なすぎだろ。谷村美月も見たかったなあ。
 もう、この枠のレギュラーといっていいだろう。またもフジテレビレギュラーGETの水川あさみ。

 第1弾ゲームのバスケットボール。みごとに外した。

 そんな水川あさみは、堂本剛が主演の『33分探偵』のメンバー。

 期待してます。以下、ぐだぐだと続くよ。

『魔王』第3回

 うーん。微妙だ。意外にSFというかオカルトな設定があるけど、それはメインじゃない。

 微妙なのは演技だ。

 いや、演者の問題じゃなくて演出の問題かもしれない。

 韓国ドラマの雰囲気を出そうとするあまり、昭和っぽくなってる=大げさになってる。

 と、思えなくともない。

 特に刑事側の人たちはみんなだめ。とくに三宅裕司。こんなに下手だったっけ? っていうくらい。それに比べると、生田斗真 や上原美佐ら若手のつたなさは、まあ、若いから、ですませられる程度。

 逆に、石坂浩司が普通にうまいもんだから、ういちゃってることが問題だ。

 で、もう一人、うまいのが奥貫薫。あいかわらずうまい。

 このちぐはぐさはなんなんだろう。

 それから、いろいろ詰め込んでる割にはテンポが悪いというか、冗長だ。これも演出の問題か。

 なんか、もっとおもしろくなりそうだと思ったんだけどなあ。
当ブログでは、Google Adsenseの広告を配信しています。

続きを読む »

 学校へ潜入。

遠くの空に消えた そこにはオオゴス(大後寿々花をそう呼ぶ人がいたので、まねしてみた)。

 さらにそのクラスには末永遥までいる始末。まだ女子高生ができる末永遥に拍手。あいかわらずかわいい。派手すぎるメイクだが、役柄だからしょうがない。

 でもって、ストーリーはかなりまじめなのがちゃんとしてる。

 トラの過去のことを聞いて涙する白豚こと塚地さん。いい味出してる。

 ところで、藤木直人、演技うまいんだな。これまでは人のいい役柄しか見てなかったんだけど、いまぐらいのほうが魅力があるんだな。

続きを読む »

 いい落しどころだったと思う。

 なるほど、解散総選挙かあ。

 っていうか、逃げにも見えるけど、リセットすればいい、っていうゲーム世代にはぐっとくるかもな。

 うそ。

 ゲーム世代って誰だよ。

 木村くんの最後の演説はそれほどいいわけではないよな。

 雰囲気だけでいってた。

 まあ、及第点か。

 全体としてはおもしろかったから、いいや。

 おつかれさまでした。
 若手人気俳優をそろえたドラマ。そんな感じで見てると足元をすくわれる。

 第1話では硬派な医療ドラマという面が強いと思わせたが、そうじゃない部分も見えてきて、より楽しみが増した感じ。

 これまでは天真爛漫、純粋無垢な役が多かった戸田恵梨香が演じる悪い部分ってのもまたおもしろい。

 戸田と新垣結衣のぶつかり合い。

 新垣と比嘉愛未のぶつかりあい(医者とナース、そして沖縄対決!)

 など、若い医師たちのライバル同士の削りあいも見所。

 もう、今期のドラマではぶっちぎりのおもしろさ。格別。

 それにしても、山下智久の演技のうまさはすごいね。野心家の若手医師をとても魅力的に演じてる。

 プロデューサーは『白い巨塔』の人だそうだ。なるほど。いや、プロデューサーの力がそのままドラマの魅力になってるわけではないだろうけど。

 とにかくおもしろい。ちょっと感動している。

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。