いやあ、よくできてた。途中でちょっと冗長な気はしたけど。

チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 600) (宝島社文庫) ラストの緊張感はすばらしかった。

 悪い人はいない。

 そういう感じもすばらしかった。

 うまい俳優が出てるだけですばらしいね。

 原作も読みたくなった。

続きを読む »

 もうストーリーとかはどうでもいい。ご都合主義で、まあ、見るべきところはない。

セレブと貧乏太郎 DVD-BOX(7枚組) それでも、上戸彩の数々のコスプレが見られるだけで見る価値はあった。
 前髪パッツンの髪型もよかった。ドレスが多かったのもよかったんだな。その理由。

 隠れ巨乳(zakzakのまねをしてみた)が堪能できたから。

 わがままキャラクターではあるが、DQNではない。そこがこれまでのドラマとの違いか。こういうのが似合うな。

 視聴率がどうこうとかは関係ないや。上戸彩さえいればいい。

 それは今年のM-1グランプリでも思ったな。
 久しぶりに「やぐちひとり」。

 JAGUARが登場。前にも出てたらしい。

ファイト!ファイト!ちば! で、いろんな話を振るんだけど、何を言ってもおもしろいのがジャガーさんだ。

 新曲を歌うんだけど、何を言ってるのかあいかわらずわからない。声が聞き取りにくいんだよな。

 で、鯨が好きらしい。ハーモニカのフレーズが物悲しい。ぜんぜんロックじゃないんだよな。ジャガーさんの楽曲って。

 あと、千葉テレビの番組は2年前に終わったそうだ。

 「カンパケテープを毎週送るのがたいへんだ」というのがその理由。

 もう、どうでもいいやあー。
 いや、いつ予告編が公開されたのかわかりませんが。

 ヤッターマン公式サイト

 トップページの写真がかっこいい。

 嵐の櫻井翔の写真もしっかり出ている。
 これはマスクしてるからOKってことか? 

 あるいは
 Flashだから右クリックで画像保存できないだろ?
 で、OKなのか?

 それにしてもかっこいい。予告編ムービーもいかす。さすが三池監督。

 ドロンボー一味の姿はまだ確認できない。

Universe 早くドロンジョさまのフカキョンが見たいです。

 ところで、主題歌はオリジナルの人が歌うんだね、映画版。
 そこもすばらしい。ET-KINGなんてどうでもいいんだよ。

 そういえば、この間、テレビアニメにフカキョンが出演してたよね。
 チェックできてよかった。

続きを読む »

 「よろセン!」はモーニング娘。、Berryz工房、℃-uteなどが出演する深夜の帯番組。

 先週は「世界の偉人DEN!」と題して、偉人たちを紹介するという趣向でした。

 が、ヒトラーをまるでえらい人かのように取り上げ、謝罪にいたりました。
 画面では「お詫び」となっており、男声によるナレーションが流れました。



 ヒトラーについてまったく知らなかった出演者は、その無知をこそ恥じるべきかもですが、罪はまったくないでしょう。
 台本を作った作家やスタッフに問題がある、ということです。

 とはいえ。

 ヒトラーがいなければ、現代のコンサートには不可欠のPAシステム(マイクとアンプ、スピーカーによる拡声装置)も存在しないことになります。

 PAシステムがなければ、いまのようなコンサート形態も存在せず、ハロープロジェクトすらも存在しなかったかもしれません。

 ヒトラーがいたからこそ、現代のコンサートが存在する、そういうことも言えるのです。いや、言いすぎですが。

続きを読む »

 | ホーム |