いろいろ非難されることの多い紗栄子をダルビッシュが擁護する発言をブログに掲載したとしてニュースになっている。

ダルビッシュ、ブログで紗栄子を擁護「自分も彼女を応援したい」 (ダルビッシュ有) ニュース-ORICON STYLE-はてなブックマーク - ダルビッシュ、ブログで紗栄子を擁護「自分も彼女を応援したい」 (ダルビッシュ有) ニュース-ORICON STYLE-
「子供たちの事を第一に考えて、二人でゆっくり話し考えた結果です」と離婚の真意を明かし、「自分と彼女との関係も良好なので子供たちには沢山会えると思います」と円満離婚を強調している。
 ダルビッシュの株がまた上がりそうな発言である。

 ブログの発言も男前。さすがはダルビッシュといった感じだ。子どもに会いたがってる感じもまた。

 そうなると、報道されている内容はどっから出てきた話なのか? ということになるのだけれども、そのへんがわかることはないんだろうなあ。
 家電が写っているようなCM。右下に「吉川友」の名前が。

 確かに流れている曲は吉川友の声だ。

 本人は出ず。それでも問題ないか。

 吉川友 = きっかわ・ゆう。

 知らない人には字さえ読めない場合が多い。

 最近は「ケータイ大喜利」でよく見る。
 久々の鈴木杏樹。ついてない女(シーズン4)、ついてる女、狙われた女(どちらもシーズン6)に引き続きの登場。出所したんですね。ということで、なるべくネタバレなしの方向で。

 なんか冒頭からおかしな雰囲気。シーズン中、1話か2話はあるおかしな話の雰囲気。おかしい、というのは笑える、とい意味でのおかしさ。

 鈴木杏樹がおかれた状態、設定はまるでシャーロック・ホームズの「赤毛同盟」。

 続いて疾走したという女性が住んでいたという部屋の壁には「たすけて」の文字(CMでもやってたシーン)。そして新興宗教。まるで「ともだち」というか、「20世紀少年」だな。道場に乗り込むシーンは「トリック」を思わせるところもあり。まったくもって、おかしな雰囲気。右京さんも調子が悪い。いつもと違いすぎるのだ。

 そして、どんでん返しを繰り返しエンディング。

 事件が終わったあとで出てくるのが!

 という感じで、たいへん楽しめた。今後の楽しみも増えた。やるなあ。相棒。

 見たかったなあ、コレ。

デーモン閣下の素晴らしい悪魔性が感じられた、『スタパ』でのトーク(サイゾーウーマン) - livedoor ニュース

「多くの信者を獲得しまして」
「魔暦元年。西暦で言いますと......」
「悪魔ながらに好感度をググーンとアップされました」

 からはじまり、中学時代の新聞委員だった頃の話を振られて

「自分がこういうのに関わる以上、みんながどうやったら読んでくれる新聞を作ることができるか」
「やるからには、それが評価されるとか注目されるとかではないと意味がない」


と真面目に返したり。

 で、やっぱり相撲の話がメインとなるわけだ。そういえば、今週月曜日に解説で出たんだっけ? これも当然見てない。ああ。残念。



 日本テレビ「火曜サプライズ」にて。ゲストは上地雄輔。紹介されていたラーメンが激しくうまそうだった。

 どうやら、ここのようだ。

 口コミ一覧 : It's shrimp! エビ麺専門店 神楽坂店 イッツシュリンプ エビメンセンモンテン[食べログ]

 海老を発酵させた調味料を使っていると言っていたが、その工程を見ても発酵させている様子がない。発酵の意味がわかってないのか? とか思ったけど、そこまで時間をかけて紹介できない、ということなのかもしれない。

 そして、めちゃくちゃ安い。500円とか言っていたか。行ってみたい。

 トッピングのカレーやチーズは、だいなしな気配。海老入りのラー油はうまそう。

 | ホーム |