上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 「相棒10」の第7話の再放送に岡野真也(おかのまや)が出ていた。

 先日放送された「HOME 愛しの座敷わらし」で、橋本愛の田舎の友だちの中で最も目立っていたのが、この岡野真也。その時は名前もわからなかった。ゴールデン枠の映画ではエンドロールもまともに出ず、確認することができなかった。

 どっかで見たことがある。CMだっけかなあ? と思っていたのだが。

 で、ドラマならちゃんと再放送でもエンドロールが出る。ゲストの柴俊夫の娘役であった。

 岡野真也 - Wikipediaはてなブックマーク - 岡野真也 - Wikipedia

 Wikipediaで見ると、「熱海の捜査官」にも出ていたという。その他、ドラマ、映画、CMも多数。どこで見たかはわからなかったが、印象に残る演技ではあった。

 男性と間違えそうな名前ではある(岡野真也=おかのしんや、ではなく、おかのまや)が、一度覚えれば逆に忘れにくいかもしれない。

スポンサーサイト
 先日、MXテレビで映画「探偵事務所5」を見た。劇場版の第1話と第2話を連続で。

 探偵を大勢擁する探偵事務所。そこに新たに入ってきた成宮寛貴が第1話の主人公。第2話は宮迫博之が主人公。ヒロインは貫地谷しほり。SD映像だったので画質はひどいものだったが、映像の、というかセットとか照明の美しさが印象に残った。

 一応、第1話と第2話は別番組として編成。2話連続なので、同じ枠でもいいのではとおもったが、分けることに意味があるのだろう。そのほうが気分も盛り上がる。

 で、第2話が終わり、エンドロールを見てびっくり。

 数人の名前が並ぶ中に夕樹舞子の名前が。

 役名は書かれていない。で、どこに出ていたかもまったくわからない。

 さて、どこに出ていたのだろう?

 録画してあったので、ざっと最初から早送りでチェックしてみたが、それらしき人は見えない。ナースステーションの中にいそうな気配だったのだけど、ピントが手前の貫地谷しほりにきており、後方の人々の顔は確認できなかった。うーん。

 Googleで検索してみたけど、手がかりなし。「エンドロールで見つけたけど、どこにいたのかわからない」、という同じ結果であった。もちろん、Wikipediaにも載ってない。

 探偵事務所5 - Wikipedia

 さて、どこにいたのか?

 そういえば、中島史恵も出ていた。こちらは役名も出ていたので、出演場面はすぐにわかった。

 連作でたくさん作られたそうなので、続きも見てみたいと思わせる映画ではあった。それにしても、貫地谷しほりはかわいかった。当時から恐ろしく演技がうまいこともまた実感できたのだった。それはもう、主人公の2人がかすむくらい。
「風立ちぬ」のヒロインが「てっぱん」の瀧本美織だったのには驚いたが、こっちもかなりびっくり。

「てっぱん」の主人公の親友役だった朝倉あき。それが「かぐや姫の物語」の主人公なのだった。



「風立ちぬ」のヒロインに瀧本美織を推したのは高畑勲監督だった聞いていたので、高畑さんはどんだけ「てっぱん」が好きだったのかと思ったり。

そして、 地井武男さんの遺作となることも発表されている。ここまでしっかり伏せられていたことにも驚かされる。

これは見たい。見ておきたい。

初めて見た。事務所はレプロ。

モデルとしてデビュー後、仮面ライダーにも出てたそうだ。

清水富美加 - Wikipediaはてなブックマーク - 清水富美加 - Wikipedia


南海キャンディーズの山里がかなりの食いつきを見せていた。
回答のかなりのバカっぷりに対して。
一緒に出ていた坂口杏里とタメを張るほど。

これからが楽しみ。

仕事がなかった時代の話。すでに結婚しているタイミング。
体重が80kgを越していたんだとか。

車のディーラーで洗車のバイトをしていたという。
居酒屋でも。

客からの言葉に傷ついた(本人は傷ついたとまでは言ってないけど)話も。

奥さんの豊田エリーがすばらしいとい話は想定内。

いろいろおもしろかった。



見たことない女性がいるなあ、と思ってたら、やっぱり知らない人だった。

モデルの佐藤栞里(さとうしおり)というモデルだそうだ。

佐藤栞里 - Wikipediaはてなブックマーク - 佐藤栞里 - Wikipedia

名前が個性的だが、ルックスも個性的だった。目が離れてるっぽいところがかわいく見えるポイントなんだろう。

同じくモデルの河北麻友子も出演。あいかわらず自由なコメントを発している。この自由奔放さはどこからくるものか。嫌味な感じがしないところとか。不思議な人だなあ。

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。