ちょっと遅かったので、すでにちょっと古いのは探せてないんだけど。
ひとまず記録(あとで追加するかも)。



先日のustreamは生放送を見てたんですが、たんたんとすすめているわりには、苛立ちも伝わってきたのがなんとも。中継が止まったりしたのは陰謀とかじゃなくて視聴者が多かったためだと思うんですが。

気になったのは、今回の行動が原曲の評判を落とす材料になっていまうということ。この曲、資生堂のCMに使われたこともあって、彼の代表曲の1つといっていいものであり、ヒット曲の1つでもある。

今後、「ずっと好きだった」を聞くたびに、今回の替え歌が思い出されることになる。あるいは、「ずっと好きだった」がラジオなどで流される機会が減ることにもなると思う(逆もあるかもですが)。そこが心配。

ずっと好きだったずっと好きだった



とはいえ。上記ではこれに同感。というか、自分が思ってたもやもやはこれか、と思った次第。


斉藤和義と大阪駅前第四ビル振興会、それぞれのやりかた。誰でもきっと、出番はある☆ | 大阪市の北区をグルグル巡るブログはてなブックマーク - 斉藤和義と大阪駅前第四ビル振興会、それぞれのやりかた。誰でもきっと、出番はある☆ | 大阪市の北区をグルグル巡るブログ
あのさ、言論バトルをやってるんじゃないんですよね。
こんなふうに歌ったからといって、斉藤和義が原発に反対してるとかね、反対派の論陣を張ったとかね、そういうことではないのですよ。
だいたい、ロックなんちゅーのは、マトモなことや高尚なことやエラそーなことなんて口にしない音楽だろうに。
他の人生に絶望したやつが、これしかやりようがない、と、かつがつやるのがロックだろーに。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://24tv.blog39.fc2.com/tb.php/1021-285fd1ac

 | ホーム |