最後の最後なんだけど、岩佐真悠子(いわさまゆこ)はやっぱり感情のこもってない顔。本人のキャラクター(というか性格)がそうなのだから、がんばってる顔もさほどがんばってる感じにはならないのだろうか?

 それと比べると、相武紗季(あいぶさき)の演技はがんばっている。そんなにうまくはないけど、しっかり感情を出そうという、いい顔になってる。岩佐真悠子とは対照的だ。

 しかし、相武紗季、でかいな。最後の最後でも。あたりまえだけど。

 いや、岩佐真悠子が小さいのか。意外に。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://24tv.blog39.fc2.com/tb.php/355-46c8702f

 | ホーム |