上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 いやあ、よくできてた。途中でちょっと冗長な気はしたけど。

チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 600) (宝島社文庫) ラストの緊張感はすばらしかった。

 悪い人はいない。

 そういう感じもすばらしかった。

 うまい俳優が出てるだけですばらしいね。

 原作も読みたくなった。
 最後の後日談っぽい描写もよくできてた。

 いい余韻。

 釈由美子、けっこううまいよな。ちょっと感動。

 っていうか、最後のシーン。

 原作者、海堂 尊が出てるじゃないか。

 遊びすぎ。おもしろいなあ。これ。すげーすげー。

チーム・バチスタの栄光 [DVD] でもって、エンディングは、まだまだ続きますよ、っていう感じ。

 これは映画の続編のフォローも含んでるんだろうな。映画があれば、ドラマも続く。
 ぜんぜん歓迎。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://24tv.blog39.fc2.com/tb.php/914-67394c8f

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。